1日の飲み物を見直してみよう

たまたま一定期間いわゆる発展途上国に滞在していたことがあります。
よくあることですが、外国では水道水がそのまま飲めないことはよくあります。そのときに滞在していた国でも同じで、一度沸騰させて飲んでいました。
そのときは、外で口にするものにも警戒していたので、市販の飲み物は飲まずいつも水筒を持参していました。中身は日本では健康ブームで脚光を浴びた「白湯」でした。
このときは単純に飲めるものがなかったので白湯を飲んでいただけだったのですが、あるとき体重が減っていることに気がつきました。また、お腹の調子が悪くなることもなく健康に過ごせました。
以前の生活習慣と大きく変えたことはなく、変えたのは飲み物を白湯にしたことだけでした。
健康維持法はたくさんありますが、この方法は私には合っていたようです。

昔は朝起きたら冷たい水をグラス一杯飲むように母親から言われて飲んでいました。夏ならまだしも寒い時期の冷たい水なんて胃はびっくりするし体は冷えるしお腹はゴロゴロするし・・で結局、今は朝目覚めたら白湯を飲むようになりました。モデルさんたちやテレビでも白湯の健康効果が話題になっているようですね。メディアでの言われっぷりは聞き流してるのでここではまとめませんが、私の実感としては、体がゆっくりと起動し始めてお腹の調子も良いように感じます。お湯を沸かすのは面倒だから、湯呑に水を入れて電子レンジでチンすればOK。寝ているうちに汗となって出て行った水分を体に戻し、あたたかい白湯によって、無理なく臓器が目覚めていく感覚があります。それからお弁当やら朝ごはんやら準備をバタバタしていくと、丁度いい具合にお通じタイムが来るから不思議です。
日中の水分補給にも白湯をもっと活躍させたいと思っています。コーヒーが大好きだけど、利尿作用で水分逆に失うし、清涼飲料は糖分も気になるところです。純粋に体に水分を補給するには、不純物のない水、さらに体温より高い温度で体をあたためる白湯が一番じゃないかと思います。

(PR)
朝起きられない!そんな思春期のお子様に
お茶の成分のサプリメントが話題です!

キリツテインの口コミ・効果